風俗の仕事の分類や概要を知りたい方のためのインフォメーションサイト

>

オナニーの限定的補助を伴う風俗について

限定的性交渉を伴う風俗は玄人にお勧め

限定的とはいえ異性との性交渉を楽しみたいという上級者の方は、店舗型性風俗特殊営業の1号営業に分類されるソープランドや、2号営業に分類されるファッションヘルス、回春エステ、SMクラブ、といった風俗や、無店舗型性風俗特殊営業に分類される、デリヘルなどでの風俗でサービスを受けることがお勧めです。

店舗型性風俗特殊営業の1号・2号営業と無店舗型性風俗特殊営業のデリヘルは、いずれも性的なサービスの提供が主であり、直接の性交はできませんが、十分な性的な高揚あるいは射精が期待できるものとなっています

店舗型性風俗特殊営業と無店舗型性風俗特殊営業への従事は、性的サービスの提供を前提としていますので、性的なサービスの提供に抵抗が無い方でなければ務まらないでしょう。

1号・2号営業とデリヘルの営業形態の違い

店舗型性風俗特殊営業と無店舗型性風俗特殊営業は同じく性的なサービスを提供する風俗業でありながら明確な相違があります。

まず、店舗型性風俗特殊営業の1号営業にあたるソープランドの場合は、先払いの入浴料と後払いのサービス料を支払い性的なサービスを受けるシステムです。

次いで、店舗型性風俗特殊営業の2号営業に類される、ファッションヘルス、回春エステ、SMクラブの場合、いずれも料金体系は時間制にオプション料金を加算した形で、それぞれの性的サービスを受けられます。

最後に、無店舗型性風俗特殊営業にあたるデリヘルは、電話やメール等で事務所に連絡して、女性の派遣を依頼し、派遣先で女性と合流した後、再度事務所に連絡し、サービス内容を決めて料金を先払いしてから性的なヘルスサービスを受けるのが一般的な流れです。

このように、両者を比較すると、無店舗型性風俗特殊営業の方が、顧客の自由度が高いことが分かります。


この記事をシェアする