風俗の仕事の分類や概要を知りたい方のためのインフォメーションサイト

>

実際に異性とコミュニケーションを取ることができる風俗

風俗に慣れてきたら利用してみたい風俗

風俗の利用に慣れた風俗利用者や、異性との会話ないし軽い接触によるコミュニケーションを求めている風俗利用者は、キャバクラ・セクシーパブ・クラブ・ピンクサロンなどの接待飲食営業店を利用されてはいかがでしょう。

ピンクサロンとセクシーパブを除いた接待飲食営業店は、女性の接待を受けながら飲食や飲酒を楽しむことができるため、女性との直接的なコミュニケーションによる高揚や、興奮を楽しむことができます。

接待飲食営業店への従事は、夜型の生活や飲酒・喫煙をたしなむ男性との会話や軽いコミュニケーションに抵抗が無いという女性であれば基本的に問題はないでしょうが、例外的に性的サービスの提供を行っているピンクサロンとセクシーパブに関しては、男性との接触の比率が他の接待飲食営業店とは明確に異なることを念頭に、従事前にしっかりとした下調べが必要でしょう。

接待飲食営業店のサービス

接待飲食営業店は提供されるサービスにより二通りに分類可能で、性的なサービスを伴うピンクサロンとセクシーパブ、性的なサービスを伴わないキャバクラ、クラブ、キャバレーに二分することが可能です。

サービスや営業形態に関しては、同じく性的サービスの提供を行うピンクサロンとセクシーパブの場合、ピンクサロンは時間帯や利用時間によって価格が変動するのに対して、セクシーパブは利用時間と希望するサ-ビスに応じたチップによって価格が変動します。

また、性的サービスの提供を行わないキャバクラ、クラブ、キャバレーの場合は、クラブとキャバレーが時間制での料金徴収をベースとしつつ、飲食物やアルコールを提供しているのに対して、キャバクラは時間制での料金徴収の他、指名料をはじめとした独自の料金体系を持っています。

接待飲食営業店での就労に際しては性的サービスの有無がポイントでしょうか。


この記事をシェアする