風俗の仕事の分類や概要を知りたい方のためのインフォメーションサイト

>

風俗業の分類方法と風俗で働く上での基本的な留意点

ローリスクな初心者向けの風俗サービス

風俗利用者側の観点から考えた時に、ローリスクで風俗業に対する入門編ともいえるものが、AVのような映像型性風俗と、ストリップ劇場や個室ビデオをはじめとした店舗型性風俗特殊営業における3号営業です。

いずれも異性との直接的なコミュニケーションはとれませんが、オナニーによる性欲の解消には一定の効果が望めますし、詐欺やボッタクリといった、特に歓楽街に多い傾向にあるリスクを冒す必要が無いので極めて安全性が高い風俗サービスとなります。

ただし、風俗業従事者の視点で考えた場合、店舗型性風俗特殊営業の3号営業での勤務はさほどではありませんが、AV女優としてのAVへの出演は、疑似的な性行為とはいえ男性との絡みにより体力が要求される上に、自身の全裸が映像として残るデメリットがあります。

3号営業や映像配信型性風俗の営業形態

いわゆる店舗型性風俗特殊営業の3号営業に分類されるストリップは、入場料金を徴収し劇場での脱衣ショーを提供するのが基本的な営業形態で、ストリッパーと呼ばれる女性が主に従事しています。

同じく店舗型性風俗特殊営業の3号営業に分類される個室ビデオは、基本的に時間制で一般のビデオやAVを鑑賞するための個室を提供していますが、無許可での女性による性的なサービスを提供している店舗があるため、違法な営業を行っている店舗と混同されるのを避けるために、女性の入店を禁止している店舗が多数見受けられ、女性は従事しにくい風俗業の一つです。

映像型性風俗、要するにアダルトビデオやアダルト動画の場合は、AV女優とAV男優による疑似性交をインターネット配信や、DVDなどの記憶媒体の形で販売する風俗業となっています。


この記事をシェアする